近畿漢詩連盟 - 近畿の力で漢詩を未来へ -

イベント紹介・報告

今後のイベント紹介

平成29年

近畿漢詩連盟平成29年度総会

  • 日時:平成29年6月11日(日)
  • 場所:石清水八幡宮清峯殿 青少年研修センター
  • 内容
    • 9時半受付開始
    • 10時~10時半 総会(会長挨拶、H28年度活動報告、H29年度活動計画、会計報告など)
    • 10時半~12時 大野会長による講演『草場佩川の詩文』

      石清水八幡宮清峯殿 青少年研修センター - 総会会場

過去のイベント報告

平成28年

「古典の日」記念 平成28年度全日本漢詩大会 京都大会

  • 日時:平成28年9月17日(土) 13:00~16:30
  • 場所:京都教育文化センター 2階ホール
  • 行事
    1. 表彰式
    2. 記念講演(全日本漢詩連盟会長 石川忠久)
    3. パネルディスカッション『京都に花開いた漢詩文化』
      石川忠久(全日本漢詩連盟会長)・大野修作(近畿漢詩連盟会長)・坂井輝久(清水寺学芸員)・新稲法子(佛教大学非常勤講師)
    4. 優秀作品吟詠
  • 懇親会:京都教育文化センター 1階レストラン(17:00~19:00)
  • 吟行会「渉成園にて頼山陽の渉成園十三景を巡る」
    • 平成28年9月18日(日) 9:30~13:00
    • 場所:渉成園(東本願寺別邸)
  • 詳細は「全日本漢詩大会京都大会」をご覧ください

講演:古典に学ぶ―論語を軸として―

  • 講演者:加地伸行先生(大阪大学名誉教授)
  • 日時:9月13日(日)13時半~
  • 場所:神戸大学附属中高等教育学校(〒658-0063 神戸市東灘区住吉山手5丁目11番1号 TEL 078-811-0232)

平成27年

近畿漢詩連盟平成27年度総会

  • 日時:平成27年6月28日(日)
  • 場所:石清水八幡宮清峯殿 青少年研修センター
  • 内容
    • 9時半受付開始
    • 10時~10時半 総会(会長挨拶、H26年度活動報告、H27年度活動計画、会計報告など)
    • 10時半~12時 大野会長による講演 『頼山陽の漢詩』
    • 12時半~14時 研修センター内食堂にて懇親会

詩墨遊展

  • 会期 平成27年7月3日(金)~5日(日)
              3日 10時~18時
              4日  9時~18時
              5日  9時~17時
  • 場所  名勝大乗院庭園文化館
  • 主催  泉悠詩社・城北吟社(代表 近藤浄雲)
  • 後援  奈良市・奈良新聞社・近畿漢詩連盟・関西吟詩文化協会・鷺声吟詠会

平成26年

中国文化史セミナー

毎月第二、第四日曜午後2時~4時、初回のみ土曜13:30開講)

  • 現代中国のロック音楽――Rock Music in China(9月27日)
    • (青野繁治大阪大学教授)
    • 中国ロック、その30年を振り返る
  • 唐宋詩の鑑賞と作法の手引き(10月12日)
    • (大野修作近畿漢詩連盟会長・元京都女子大学教授)    
    • 現代漢詩の作法についても解説
  • 中国系アメリカ人文学の歩み(10月26日)
    • (山本秀行神戸大学教授)
    • 在米華人・華僑が創作するアメリカ文学
  • 中国文学最新事情(11月9日)
    • (松浦恒雄大阪市立大学教授)
    • 大陸と台湾での現代文学を概観する
  • 書聖王羲之の謎をめぐって(11月23日)
    • (倚雲社主宰・魚住和晃神戸大学名誉教授)
    • 王羲之はなぜ書聖なのか。作品の真価とは
  • 少数民族と漢族の血の間で――沈従文という作家(12月14日)
    • (津守陽神戸市外国語大学准教授)
    • 辺境の人々を瑞々しく描いた天才作家の世界
  • 孫文・毛沢東と伝統的政治思想(1月11日)
    • (孫文記念館副館長・西村成雄放送大学客員教授)
    • 20世紀中国の政治的歴史層を発掘する
  • 身体に優しい漢方(中医薬)(1月25日)
    • (孔子課堂理事・福家慎太郎天津中医薬大学准教授)
    • 西洋医学との対照で現代の漢方を見る
  • 世界の華人、日本の華僑(2月8日)
    • (神戸華僑華人研究会代表・陳來幸兵庫県立大学教授)
    • 同化する華人、血につながる華僑
  • 魯迅の「故郷」を訪ねて(2月22日)
    • (山田敬三神戸大学名誉教授)
    • 教科書で学んだ魯迅の「故郷」を読み解く

会場:神戸舞子学院:「移情閣(孫文記念館)友の会」分室
   JR舞子駅西南、徒歩5分。国道2号線南側、舞子サニータウン3F

乙訓の漢詩『地名詩』を読む会

  • 日時:奇数月の第3土曜日午前10時~12時
    1. 平成26年 5月17日、7月19日、9月20日、11月15日
    2. 平成27年 1月17日、3月21日
  • 場所:バンビオ生涯学習センター
  • 内容:地名詩既刊第1および第2輯についてテーマを定めて読み返し、また次輯に向けた収集作品も紹介。
    講師:長岡京市漢詩作詩研修会講師およびチーム乙訓メンバー
  • お問合わせ先:チーム乙訓 鵜野高資

漢詩『唐詩選』を読む会

  • 日時:偶数月の火曜日 午後4時~6時
    1. 平成26年 4月8日、6月10日、8月12日、10月14日、12月9日
  • 場所:バンビオ1番館 4階会議室1
  • 内容:「唐詩選国字解」(作者 服部南郭、寛政3年刊)を判りやすく学習
  • 講師:京都西山短期大学 非常勤講師 新稲法子先生
  • お問合わせ先:鵜野高資

第3回 古典の日制定記念文化講演会-江戸、明治にみる乙訓の文芸文化-

  • 演題
  1. 乙訓の俳諧文化  
    聖トマス大学準教授 竹内千代子先生
  2. 乙訓漢詩壇と宇田栗園
    佛教大学・京都西山短大非常勤講師 新稲法子先生
  • 日時:平成26年10月12日(日)午後1時~4時
  • 場所:長岡京市中央生涯学習センター(バンビオ)6階創作室
  • 主催:乙訓地名詩編纂「チーム乙訓」
  • 後援:乙訓教育局、近畿漢詩連盟、向日市教育委員会、長岡京市教育委員会、大山崎町教育委員会

漢詩講座「漢詩ゆかりの地『江西省』」

  • 日時:2014年10月2日(木)14~16時(開場13時より)
  • 場所:日通北浜ビル9階会議室(地図添付)
  • 講師:大野修作先生(近畿漢詩連盟会長)
  • 主催:長岡京市漢詩作詩研修会 鵜野高資
  • 10月15日出発の「大野修作先生と行く 漢詩ゆかりの地を巡る 廬山5日間」の旅行を前に、事前勉強会を兼ねた結団式と説明会が開催されました。今回の旅行先は、漢詩人としては著名漢詩作品の宝庫であり、各時代の書画作品や宗教的聖地にちなむ文化・芸術の集積場でもありますので、大野先生に題記の講義をしていただきました。

『大野修作先生と行く!漢詩ゆかりの地を巡る 廬山5日間』

旅行期間:2014年10月15日(水)~10月19日(日)5日間
file『漢詩ゆかりの地を巡る廬山5日間』パンフレット

近畿漢詩連盟平成26年度総会

  • 日時:平成26年6月28日(土)
  • 場所:石清水八幡宮清峯殿 青少年研修センター
  • 総会(会長挨拶、H25年度活動報告、H26年度活動計画、会計報告など)の後、大野会長による講演『京都学派の漢詩』を開催。その後、研修センター内食堂に会場を移して懇親会で親睦を深めた。
  • 今総会から会場にて会員書画作品の展示をおこなった。

総合資料館開館50周年記念国際京都学シンポジウム

「近代京都の学と美の新生 -明治・大正期の日中文化交流の中から-」

  • 日時:平成26年1月11日(土)午後1時~午後5時
  • 会場:京都市国際交流会館イベントホール
  • 主催:京都府立総合資料館・京都府立大学
  • 協賛:京都府立総合資料館友の会
  • 内容
     記念講演「内藤湖南と羅振玉 -京都支那学の誕生-」
          礪波 護氏(京都大学名誉教授)
     講演 「京都における羅振玉の日本所蔵漢籍の出版事業について」
          陳 捷氏(国文学研究資料館研究部教授)
     講演 「『壬癸集』と京都府立図書館」
          西村 隆氏(京都府立図書館資料課長)
     講演 「王国維『壬癸集』を読む-癸丑三月三日京都蘭亭会詩-」
          林 香奈氏(京都府立大学文学部准教授)
     講演 「内藤湖南・長尾雨山と京都書壇」
          杭迫 柏樹氏(日展常務理事(書)、日本書芸院理事長、国際京都学協会常務理事)
     討論 司会 井口和起(京都府特別参与、京都府立大学名誉教授、京都府立総合資料館顧問)

乙訓地名詩第二輯刊行 記念文化講演会

「西国街道ぞいに花開いた文芸文化」
  • 日時:平成26年2月22日(土)午前9時半~12時
  • 場所:長岡京市中央生涯学習センター
  • 主催:乙訓地名詩編纂「チーム乙訓」
  • 後援:向日市教育委員会、長岡京市教育委員会、大山崎町教育委員会、近畿漢詩連盟
  • 内容:
     鼎談 「私が見つけた宇田栗園家の人たち」 日浅忠行氏ら
     講演 「京都学派と乙訓地方」 大野修作氏(近畿漢詩連盟会長)

平成25年

漢詩講演会

  • 講演題目:日本の漢詩 江戸から明治へ
  • 講演者:石川忠久先生(全日本漢詩連盟会長・二松学舎大学本学長、斯文会会長)
  • 日時:平成25年11月13日(水)午後1時~4時半
  • 場所:石清水青少年研修センター
  • 主催:忭想会、燁吟漢詩部
  • 後援:全日本漢詩連盟・近畿漢詩連盟・関西吟詩文化協会
    石川忠久先生漢詩講演会報告

第2回古典の日制定記念文化講演会―西国街道ぞいに花開いた文芸文化―

  • 日時:平成25年10月14日(月・祝日)午後1時半~4時半
  • 場所:長岡京市立産業文化会館1階大ホール
  • 主催:乙訓地名詩編纂「チーム乙訓」
  • 演題1 向日里人物史にみる江戸後期の乙訓文化
          向日市文化資料館館長 玉城玲子
  • 演題2 「古今伝授の間」ゆかりの地 長岡天満宮
          長岡京市教育委員会 生涯学習課長 中尾秀正
    第2回古典の日制定記念文化講演会報告

講演:藤井竹外「芳野」詩について―幕末の漢詩と関西―

  • 日時:7月28日(日)13時15分~16時
  • 場所:長岡京市中央公民館2F 講座室
  • 主催:長岡京漢詩作詩研修会
  • 講師:合山林太郎先生(大阪大学大学院文学研究科講師)

近畿漢詩連盟平成25年度総会

古典の日制定記念文化講演会

  • 日時:H25年1月20日 午後1時~4時
  • 場所:長岡京市図書館3階大会議室
    1 正木聳山の生涯と今里正木彰家文書
      長岡京市教育委員会 百瀬ちどり
    2 日本人の漢詩における地名
      佛教大学・京都西山短大 非常勤講師 新稻法子
    3 乙訓地名詩編纂の経緯
      チーム乙訓代表 鵜野高資
    古典の日制定記念文化講演会報告

乙訓の漢詩『地名詩』を読む会

  • 乙訓地名詩編纂 チーム乙訓
  • 日時:偶数月の土曜日午前10時~12時
    • 平成25年 4月20日、6月22日、8月24日、10月26日、12月21日
    • 平成26年 2月22日
  • 場所:JR長岡京駅前バンビオ 学習室2
  • 内容:テーマ毎に地名詩第一輯作品を味わっていきます。第1回目は淀川や桂川風景。
  • 講師:長岡京市漢詩作詩研修会から派遣の講師

平成24年

近畿漢詩連盟平成24年度総会

  • 日時:平成24年9月8日 午後1時半~4時
  • 場所:松花堂美術館講習室(京都府八幡市)
  • 設立総会から1年ぶりとなる第2回総会を開催。決算・事業報告と予算・事業計画提案がおこなわれ、了承された。議事終了後は、大野会長による講演「漱石と漢詩」が開催された。
    近畿漢詩連盟第2回総会報告

平成23年

近畿漢詩連盟設立総会&記念講演会

  • 日時:平成23年9月23日 午後1時~4時半
  • 場所:大阪商業大学蒼天ホール(大阪府東大阪